スマホアプリ全開攻略 THE ジャンクマスター

現在は消滅都市メインで攻略記事を投稿中です!

【消滅都市2】鬼族を束ねる頭領 テンドウについてガツンと解説!! 【闇属性☆6】

f:id:jyankman:20180620011350j:plain
鬼族を束ねる頭領 テンドウ

【レイドタマシイ一覧】

この記事は、スマホゲームアプリ「消滅都市2」に登場するタマシイ「鬼族を束ねる頭領 テンドウ」についての詳細解説記事です。

テンドウにはどんな性能・特徴があるのかについてあれこれと解説しております。ぜひ読んでみてください(=゚ω゚)ノ

広告



テンドウの入手方法

「鬼族を束ねる頭領 テンドウ」は、一部のレアガチャの虹スタンプ封筒から入手出来る限定タマシイです。

出現率がかなり低くガチャの種類によっては出現しないため、入手を狙いたい時は事前に提供割合を確認してからガチャを回しましょう。

テンドウのステータス・リーダースキル

ここからは、テンドウの基本性能について解説します。

f:id:jyankman:20180620012333j:plain

「鬼族を束ねる頭領 テンドウ」は、闇属性☆6:超越系のタマシイです。

ステータス
Lv. HP 攻撃 回復 コスト
99 3,102 1,722 202 35
120 調査中

HPが非常に多く、その他のステータスも高いレベルでまとまっています。

限定タマシイなだけあってその強さは文句なしの一言。

レベルをしっかり育成すれば闇属性パーティの主力としてバッチリ活躍してくれるでしょう。

リーダースキル

「鬼族を束ねる頭領 テンドウ」のリーダースキル「力と恐怖による結束」には、

  • 闇属性タマシイの攻撃力を3.75倍に強化する

という性能があります。

このリーダースキルは強化出来るタマシイの種類が全闇属性と多く、さらに攻撃力の強化倍率も3.75倍ととても高いため実用的で扱いやすいです。

テンドウ自身が強力なレイドバトル対応スキルを使えるため、レイドバトル用闇属性パーティのリーダーとして使うのがオススメですよ(/・ω・)/

※:もちろん、通常のシングルプレイ用パーティのリーダーとしても十分使えます。

【闇属性タマシイ一覧】

テンドウのスキル

次に、テンドウのスキル性能について解説します。

もっと俺を楽しませろ
光属性の敵を電撃状態にする (500,000ダメージ×2回) チェイン数を10アップする。

※:電撃状態=行動するたびに防御力を無視したダメージを受ける

便利な電撃効果・チェインアップ効果をミックスしたレイドバトル対応スキル。

電撃効果 レイド対応

このスキルの電撃効果を使用すれば、敵が行動する度に防御無視のダメージを与える事が出来ます。

この効果はレイドバトルに対応しており、ダメージを与える回数はレイドバトル参加者の数×2回となります。

参加者の人数が多いほどたくさんダメージを稼げる効果はとっても便利なので、ぜひレイドバトルで活用してみてくださいね♪

さらに、このスキルは一部のクエストに出現する高防御の敵への対策としても役立ちます。

HPが1,000,000以下の敵までであれば倒す事が可能なので、

どうしても歯が立たなくて困った時は電撃を使って撃破を狙ってみるのもアリですよ(*´ω`*)

チェインアップ効果

このスキルのチェインアップ効果はチェイン増加数が10と多く、使用するとすぐに次のフィーバーに入る事が出来ます。

フィーバー中に出現するスフィアを回収してHPの回復・攻撃などを行う事で、よりスムーズにクエスト攻略を進めやすくなります。

状況次第で攻めにも回復にも使えて便利なので、ぜひ使ってみてくださいね(/・ω・)/

なお、スキルターンは初期10に設定されています。

テンドウのアビリティ

テンドウのアビリティ一覧はこちら。

f:id:jyankman:20180620032646j:plain

【覚醒可能アビリティ一覧】

  • アーティファクト枠追加 Lv.1

リーダー設定時にアーティファクトを使用出来ます。

闇属性のアーティファクトを活用し、戦い方のバリエーションを増やしてみましょう('ω')

  • チェイン半減ガード Lv.2

ミス時のチェイン減少を2回まで防げます。

このアビリティがあればミスをした時もあまり影響を受けずに済みます。

トラップによるダメージは受けますが、いざという時のために覚醒させておく事をオススメしますよ。

総評

テンドウは安定したステータスと強力なリーダースキル・レイド対応スキルを持つタマシイです。

レイドバトル用の闇属性パーティのリーダーで使うととても役に立つのでどんどん攻略に活用してみましょう♪

タマシイ解説は以上です!最後まで記事をお読みいただき、ありがとうございます!