スマホアプリ全開攻略 THE ジャンクマスター

現在は消滅都市メインで攻略記事を投稿中です!

<広告>

消滅都市2. タマとウルルンの性能などについて解説するぞ!! (木属性☆5:にゃんこ大戦争コラボ)

f:id:jyankman:20170601122316j:plain

皆さんこんにちは、管理人ジャンクです(*'ω'*)

本日も「消滅都市2」に関する記事を投稿します!!まだまだ書く事はたっくさんありますが、ちょっとずつ終わらせていきますね♪

今回の記事は、木属性☆5タマシイ「タマとウルルン」の性能などについての解説記事です!

このタマシイにはどんなことが出来るのかなど詳細に興味があればぜひ読んでみてください♪

広告



タマとウルルンの入手方法

「タマとウルルン」は、木属性☆4タマシイ「ウルフとウルルン」を進化させる事で入手出来ます。

f:id:jyankman:20170601122959j:plain

ウルフとウルルンは、期間限定開催の特別クエスト【コラボ】にゃんこ大戦争の一部クエストで入手出来ます。

【ウルフとウルルン入手方法詳細】

  • 復刻【超激ムズ】にゃんこ軍団再びにランダム出現、撃破で1体確定ドロップ。
  • 復刻【☆5】タマとウルルンで1体確定ドロップ。

【クエスト攻略記事】

【にゃんこ大戦争まとめ】

タマとウルルンのステータス・リーダースキル

次に、タマとウルルンのステータス等について解説します!!

f:id:jyankman:20170601124236j:plain

「タマとウルルン」は、木属性☆5:バランス系のタマシイです。

ステータス(Lv.99時)
HP 攻撃 回復 コスト
2,002 1,303 147 16

全体的にバランスの良いステータス配分。

ガチャで手に入るタマシイより若干能力が劣りますが、クエストさえクリア出来れば誰でも入手出来るという事を考えると、これでも十分な強さを持っていると言えます。

また、木・バランスパーティのサブとしても役に立つため、将来の事を考えて育てておくのも悪い選択ではないでしょう。

リーダースキル

「タマとウルルン」のリーダースキル「夢見がちな中学二年生」は、水属性タマシイから受けるダメージを半減する効果を持っています。

このリーダースキルは一部の特殊なクエストでは使えない事もありません。(高ダメージ対策になる)

しかし、何の理由も無くリーダーに設定するとかなり使いにくいです。

攻撃力が全く強化されないため、自身のスキル効果が台無しになってしまうという欠点もあります。

このような理由から、タマとウルルンをリーダーとして使用するのはあまりオススメ出来ません。

リーダーは他のタマシイに任せておき、素直にサブとして使用しましょう。

【木属性タマシイまとめ】

その他の木属性タマシイ記事はコチラです!!

タマとウルルンのスキル

次に、「タマとウルルン」のスキルについて解説します。

f:id:jyankman:20170601131713j:plain

「タマとウルルン」のスキル「ウルルンアタック」には、

  • バランス系タマシイの攻撃力を3回攻撃するまで2倍に強化する
  • 自分の攻撃力×4倍の木属性攻撃を行う

という珍しい効果を持っています。

※:バランス系タマシイの攻撃力を強化した後に攻撃を行うため、自身のスキルの威力も自動的に強化されます。

味方のバランス系タマシイの攻撃力を強化出来る効果は、木・バランス系パーティのサブにピッタリです。

木・バランス系タマシイはバリエーションこそ多くはありませんが、中にはアヤノ・木変異ロウ・リサーチャーなど強力な攻撃スキルを使えるタマシイがあります。

これらのタマシイのスキルを組み合わせて使う事で、より大きなダメージを敵に与えられるようになります。

さらに、単体での使用もなかなか便利です。

「タマとウルルン」攻撃強化・攻撃を1体で行えるため、パーティ枠を節約しつつ攻撃スキルを使いたい時にも役立ちます。

ただし、このスキルは初期ターン数が16ととても重く、まともに使うにはスキルレベルの育成が必須です。

相当な手間がかかりますが、スキルレベルをMAXまで育成出来ればターン数は10まで短縮されます。

「タマとウルルン」を実戦で使うのであれば、スキルはなるべくしっかりと育成しておくようにしましょう。

総評

「タマとウルルン」は、ステータスが微妙、リーダーとしてはほとんど使えないタマシイです。

しかし、木・バランス系である事、スキルでバランス系の攻撃力を強化出来る点はなかなか便利なため、サブとしてなら使い道があります。

キズナやトモコなどをリーダーとして起用する場合のサブにもピッタリなので、それらのタマシイを持っているのであれば育てるのもアリですよ(*'▽')b

解説はこれでおしまいです!

最後まで記事を読んで頂き、ありがとうございます♪またよろしくお願いします(^^♪