スマホアプリ全開攻略 THE ジャンクマスター

現在は消滅都市メインで攻略記事を投稿中です!

広告

消滅都市2|優良メカニック ハヤトの使い道と強さを解説!固い敵に対応できるスキルが魅力!【闇☆5】

f:id:jyankman:20170617185918j:plain

皆さん閲覧ありがとうございます!ジャンクです(*´ω`)

今日の記事では、スマホアプリ「消滅都市2」のタマシイ「優良メカニック ハヤト」について詳しく解説します。

ハヤトは入手しやすく、戦力としてもなかなか使えるタマシイです!

この記事を読み、ぜひハヤトについて知っておきましょう!

広告

 

ハヤトの入手方法

「優良メカニック ハヤト」は、☆4闇属性タマシイ「孤独の少年 ハヤト」を進化させる事で入手出来ます。

f:id:jyankman:20170617190332j:plain

なお、「孤独の少年 ハヤト」ノーマルガチャの緑スタンプ封筒から出現する事があります。

チップを溜め、ノーマルガチャをどんどん回してみましょう!

ハヤトのステータス・リーダースキル

次に、ハヤトのステータス等について解説していきます。

f:id:jyankman:20170617200735j:plain

「優良メカニック ハヤト」は、闇属性☆5:バランス系のタマシイです。

  • ステータス

ハヤトのステータスは良くも悪くも平均的で、これといった長所・短所はありません。

能力的には少し物足りなさを感じる事もあるかもしれませんが、編成時にパーティのバランスを崩さず、誰でも気軽に扱いやすいです。

初心者の方も安心して使う事が出来ますよ♪

  • リーダースキル

ハヤトのリーダースキル「漆黒の精神」には、味方の闇属性タマシイの攻撃力を2倍に強化する効果があります。

このリーダースキルは、全ての闇属性タマシイの攻撃力を強化出来る効果範囲の広さを持ち、とても扱いやすいです。

攻撃力の強化倍率は2倍と平凡ではありますが、より強力な闇属性のリーダータマシイが手に入るまでの繋ぎとして優秀です。

ハヤトは闇属性パーティのリーダー・サブどちらでも使えるため、早いうちに入手して育てておくとなかなか重宝しますよ(*'▽')b

【関連記事リンク】

その他の闇属性タマシイの記事もありますよ♪

ハヤトのスキル

次に、ハヤトのスキルについて解説します!!

f:id:jyankman:20170617210247j:plain

ハヤトのスキル「ペネトレイト・ドライブ」は、光属性の敵の防御力を半減し、自分の攻撃力×4倍の攻撃を行う効果を持っています。

このスキルは、高い防御力を持つ光属性の敵との戦いで役立ちます。

攻撃力の倍率は4倍とそこそこですが、よほど相手の防御力が高くない限りは十分に押し切る事が出来るでしょう。

コウジ・フック・マリーなどが使用可能な攻撃力強化スキルとの同時使用で、さらに大きなダメージを狙う事も可能です。

タイミングよくスキルを同時使用し、固い敵を一撃粉砕しましょう!!

なお、スキルターンは初期で11ターン、最大で6ターンまで育成出来ます。

ノーマルガチャを回してハヤトを入手し、コツコツとスキルを育成してみましょう!!

ハヤトのアビリティ

また、ハヤトは3種類のアビリティを覚醒可能です。

f:id:jyankman:20170617210925j:plain

【覚醒アビリティ一覧】

  • 攻撃力アップ Lv.5

攻撃力を50まで上乗せできます。

攻撃力をアップさせればスキルの威力も上がります。

覚醒させておいて損はないでしょう(*'▽')b

  • クリティカル Lv.1

ランダムでクリティカルヒットが発生するようになります。

運次第ですがこれが発動すると通常攻撃・スキルの威力が2倍になるため、是非覚醒させておきたいですね(^^♪

※:覚醒には貴重な素材タマシイ「白虎」が必要です。

  • アーティファクト枠追加 Lv.1

リーダー設定時にアーティファクトを使用出来るようになります。

アーティファクトを持っている場合はぜひとも覚醒させておきましょう!

【関連記事リンク】

攻撃力アップ・クリティカルの覚醒には、サイドストーリークエスト:僕らのワールズエンドで手に入る素材が必要です。

総評

ハヤトはステータスこそ並ですが、闇属性パーティのリーダーとして使う事が出来る便利なタマシイです。

スミレを持っていない時の代役としても役立つため、持っておいて損はないでしょう。

光属性の高防御な敵を倒したい時にも便利なので、サブとして使うのも全然アリですよ(/・ω・)/

攻撃に厚みを持たせたい時などにも便利ですし、ぜひぜひ使ってみてくださいね♪

ハヤトについての解説は以上です!!

最後まで記事を読んでくださり、どうもありがとうございました!!