スマホアプリ全開攻略 THE ジャンクマスター

現在は消滅都市メインで攻略記事を投稿中です!

広告

消滅都市2|幸運のトナカイ ルドルフの強さなどについてジャンクが詳しく解説!【木:☆5】

f:id:jyankman:20161212165245j:plain

どうも管理人ジャンクです!

今日もスマホゲーム「消滅都市2」の記事を投稿します!いつも閲覧ありがとうございます!

今日の記事は、クリスマス期間限定の特別クエストで手に入る木属性☆5タマシイ「幸運のトナカイ ルドルフ」についての解説記事です!

ルドルフのステータスやスキルなどについて興味がある方は、是非この記事を読んでみてください(^^♪

広告

 

ルドルフの入手方法について

木属性☆5タマシイ「幸運のトナカイ ルドルフ」は、☆4タマシイ「トナカイ ルドルフ」を進化させる事で入手できるタマシイです。

f:id:jyankman:20161212172601j:plain

なお「トナカイ ルドルフ」は、2014年版復刻クリスマスクエスト「クリスマスの夜に」「2014/ルドルフからの贈り物」をクリアすると入手出来ます!

【クエスト攻略情報】

クエスト攻略情報も記事にしておきました!まずはこれを参考にルドルフを入手してみましょう!

ルドルフのステータスとリーダースキルについて

次に、ルドルフの能力などについて解説します!

f:id:jyankman:20161212173210j:plain

「幸運のトナカイ ルドルフ」木属性☆5:超越系タマシイです。

  • ステータス

ルドルフは☆5タマシイとしては平均ステータスが低く、あまり強力なタマシイではありません。

HPは1,935、回復力222はまずまずですが、攻撃力がかなり低いため、通常攻撃での援護には全く期待できないでしょう。

ただし、ルドルフは貴重な木属性:超越系タイプ、移動スキルを使用できるタマシイです。

そのため、使いようによっては十分戦力になります。

例えばタイプ制限がかかるイベントでの起用や、リーダースキル強化後のジャンヌダルク、またはジュリをリーダーに設定したパーティに組み込めば、欠点である攻撃力を大きく強化出来ます。

このように、使い道自体はあるため、一応は育てて持っておくのも良いかも知れませんね。

なお、コストは多くの☆5タマシイと同じ15に設定されています。

  • リーダースキル

ルドルフのリーダースキル「大樹の祝福」は、方の木属性タマシイの回復力を2倍、HPを1.7倍にする効果を持っています。

このリーダースキルには、攻撃力を強化できないという、大きなデメリットがあります。

どうしても攻撃力が貧弱になるため、敵を倒すのに手間取ったり防御力が高い敵に対応できなくなる事が増えるでしょう。

しかしながら、このリーダースキルは使い道次第では役立つ事もあります。

例えば、高いHPを必要とする一部の特殊なクエストで使う事も出来ますし、HPを利用して攻撃するタマシイ、コズエをフレンド枠に選択する場合にはこの効果は有用となるでしょう。

どちらにせよ、ルドルフをリーダーに設定する場合は編成に工夫が必要です。

【木属性タマシイ記事一覧】

ルドルフのスキルについて

ルドルフのスキル「アイ・キャン・フライ」は、便利な移動系のスキルです。

f:id:jyankman:20161212190336j:plain

このスキルは、少しの間高速で移動をし、移動中はトラップや落下のダメージを受けない効果を持っています。

スキルの名前は固有ですが、効果そのものは仏恥義理スズメバチのスキルと全く同じですね(*'▽')b

ただし、このスキルは初期ターン数が12と重いため、そのままでは使い勝手が悪いです。

また、最大までスキルを強化した場合は8ターンまでターン数を短く出来ますが、それでも仏恥義理と同じターン数にしかなりません。

スキル育成の手間がかかる割に、このターン数ではやや微妙と言わざるを得ません。

ただ、ルドルフはステータス面で仏恥義理よりも回復力で大きく勝っています。

思い切りスキルを育成して仏恥義理と入れ替える、という使い方が出来るため、スズメバチを所持していない場合なら育てる価値はあるでしょう。

また、超越系パーティでの運用にも役立つため、先の事を考えるのであれば、クエストを周回して育てておいても良いかもしれませんね。

総評

ルドルフはステータスは微妙、リーダーとしてもクセが強く扱いにくいタマシイです。

ただし、超越系木属性タマシイで移動スキルを使用できるタマシイは大変貴重なため、使い道自体はあります。

このタマシイは、別に必ず持っていなくても良いタマシイです。

が、サブを充実させたい方、やり込みが好きな方は、スキル最大強化を目指してみるのも良いでしょう。

長くなりましたが、ルドルフの解説はこれでおしまいです!

どうも、ありがとうございました♪